信用取引のメリット・デメリットとは?

まずは信用取引の仕組みを簡単に知っておこう

株取引において利益が出るチャンスを広げてくれる取引として、大きく着目されている信用取引。そのメリットとデメリットを把握する前に、まずはその仕組みを簡単に知っておかなければなりません。
信用取引とは簡単に、証券会社などから資金や株そのものを借り、それを元手に株式運用を行う取引手法のことです。そのための元本とされる資金は「委託証拠金」と呼ばれますが、これは借用した資金や株が損失によって目減りした金額を補填する用途として活用されます。つまり投資家は、取引によって生じる損失額分の資金だけを保有していれば、信用取引を行えるようになります。現物取引のように株を購入する金額を丸々用意する必要は無いというのが、信用取引の最大の特徴です。

資金は少額で良いのに、なぜ高額な支払いが発生してしまうのか?

上述のような仕組みから、信用取引最大のメリットは調達した資金額よりも大きい規模の取引が可能になる点にあります。証券取引においては運用する資金額に比例して利益が増えるため、信用取引にはそれだけの大きなチャンスがあるということになります。また、株が手元にある状態から始められるため、空売りが可能になるという点も大きな利点とされます。
一方で、信用取引は少額で始められるはずなのに、損失が高額化することもあるので注意しなければなりません。理論的には株価はゼロ円以下にはならない一方で、上限額は設定されていません。つまり、売ることで儲けが出る空売りでは、利益には上限があるものの、損失は青天井ということになります。よほど無謀な運用でもしない限りは、信用取引で大きな借金を抱えてしまうということはほとんどありませんが、それでも損失に関してはシビアに対処していく必要があります。