サルでも分かる?初めての信用取引

信用取引の仕組みについて

信用取引は証券会社からお金や株式を借りて株の売買を行う取引形態のことです。証券会社から資金を借りることで最大で自己資金の約3倍で株の売買が可能、つまり手持ちが50万円しかなくても信用取引なら最大150万円まで取引出来る訳ですね。
また空売りが出来るのも信用取引の特徴、空売りは証券会社から前借りした株式を売り、それが下落したら買い戻して株式を証券会社に返却するという手法です。株価が高い時に売って安い時に買い戻せば差額が利益となるので、株価が下がっている局面でも利益を出せる訳ですね。
もちろん証券会社がいきなりお金や株式を貸してくれる訳ではないので、信用取引を始めるには担保を証券会社に預ける必要があります。

信用取引を始めるには?

信用取引をすぐに始めたいという人も多いかもしれませんが、人によってはすぐには始められないので注意が必要です。
まず信用取引を始めるには普通の株取引用の証券口座とは別に信用取引用の証券口座を作る必要があるのですが、信用取引用の口座を作るには審査を通る必要があります。
審査基準は証券会社によって異なるのですが、審査を通るためには株取引歴1年以上は少なくとも必要です。また審査の1つとして株取引や信用取引に関する知識を問う証券会社もあるので、株取引歴の浅い人は経験を積んだり株取引や信用取引の勉強をしたりするのが最優先ですね。
また審査基準には十分な金融資産という条件もあり、証券会社によって100万円~300万円以上とかなり幅があります。ただ全体的な傾向としてはネット証券会社の方が金融資産に関する審査は甘いです。

信用取引の保証金は最低額が設けられており、その額は30万円となっています。つまり最低でもそれだけの金額を用意しなければ信用取引を開始することはできません。